サマーウインド(渡部)の軌跡

Summer Wind > サマーウインド(渡部)の軌跡

多くの情報起業家が“一発屋”で終わると言われているインターネットビジネスの世界で、10年以上に渡って事業を展開し続けている『サマーウインド』。その設立から現在に至るまでの軌跡をつづったショートストーリー

「サマーウインドは起業家 渡部純一の ”原点” です。」

 

STORY1:ネット黎明期にヤフオクで不要品を販売 – 3ヶ月で稼いだ金額は…

パソコン普及率1ケタ、ネット回線はISDNよりも前、ネットがまだ定額制ではなかった頃、新しいもの好きだった私は早くからパソコンを購入し、ネットにつないでいました。

そして、色々なホームページを見ているうちに「ネットを使ったら稼げるんじゃないか?」と直感しました。

当時は会社員でしたが「稼げる情報」をネットで探す毎日。

やがて『ヤフーオークション(以下「ヤフオク」)で不用品を売って稼ぐ』というノウハウにたどり着きました。

当時はまだデジカメを持っている人自体が珍しく、デジカメで撮った写真がどうしてパソコンに取り込めるのかという理屈も知らない人が多い時代。出品する側に回るのはややハードルが高かったんです。

そこでこの『ヤフオクで不要品を売って稼ぐノウハウ』を2000円で購入し、試してみることにしました。

デジカメも2000円の中古品をヤフオクで買い、なんとか初めて出品できたのが「タカミネ」というメーカーのギターでした。友達に売ろうとしてもせいぜい 1000円 か 2000円 にしかならないようなギターだったのですが、なんとこれが25,000円で落札。

また、普通なら粗大ゴミにしかならないような壊れたアンプが、3,000円で落札。

「これはすごい!」粗大ゴミが処分できて、しかもお金がもらえる。さらに落札者の方から「ありがとうございました」とお礼のメールまで送ってもらえるなんて・・・。

このときの感動が『ネットで売るからこそ「お客さんに喜ばれること」はなおさら大切』という、のちにサマーウインドを設立し、発展していく上でのきわめて重要な考え方になっているといっても言い過ぎではありません。

その後も、自分や家族の不用品をヤフオクに出品し続け、結局3ヶ月間で約100万円を獲得することができました。

 

STORY2:ネットビジネスとの出会い – 資金ゼロ、人脈ゼロから月収200万円へ

自分が「ヤフオクで不用品を売って稼ぐ」という情報を買った経験から、自分が出品~落札を経験して得た『ヤフオクで落札されやすくするノウハウ』も売れるはずだと思い、それを情報コンテンツとしてヤフオクに出品しました。

その後、今度はその経験を「情報コンテンツを作ってヤフオクで稼ぐ方法」として出品、さらに知っていた他の有益な情報も出品しました。

その結果、それらの情報コンテンツから毎月100万円~200万円を稼げるようになったんです。

パソコン一台とネット環境があれば、誰でもすぐに始めることができ、商品の原価もゼロ。オフラインのビジネスを始めるときのような莫大な初期投資も全く不要。

しかも、仮に失敗したとしても損失がきわめて少ない。

山形の田舎暮らしで、お金も人脈もなかった私のような個人にとっては、これ以上ない優れたビジネスモデルでした。

 

STORY3:2005年4月『有限会社サマーウインド』設立 -“ある物”で成功!

情報コンテンツ販売を行なう会社として設立したサマーウインド。

記念すべき最初の事業は、ヤフオク時代の経験をふまえた「ネットで情報コンテンツを売って稼ぐノウハウ」を電子書籍(eブック)にして販売することでした。

そのタイトルは『情報起業成功の極意』。

しかし、すでにヤフオクでは似たような情報コンテンツを売るライバルが増えており、以前より売れ行きが悪かったんです。

そこで、ヤフオクではなく独自にホームページを作ってネット上で売ることを決意しました。

独学でホームページの作成方法を学び、一から自分で作り上げたのですが、致命的なことに気がつきました。

「このホームページをどうやって告知したらいいんだ…?」

そう、作っただけでは誰もその存在に気づいてくれないんです。

そこで思いついたのが、これまでヤフオクで取引してきたお客さんへの告知。つまり『顧客リスト』の活用でした。

ヤフオクで不用品を売ったり、情報を売ったりしたお客さんの数は、合計で4000名ほど。

その、お客さんのメールアドレスを無意識のうちに「今後の役に立つかもしれない」と思ってエクセルにまとめていたんです(今はヤフオクの取引に関するお客さんとの連絡は「取引ナビ」という機能を使って行なっていますが、当時はメールでのやり取りだったのでアドレスが取得できました)。

その、約4000名のリストに対して、まずは「独立して会社を興しました」という連絡と「今、新しい商品を作っています。出来上がったらまたお知らせします」という予告をしてみました。

すると…「独立ですか!すごいですね!応援してます!」「新商品、楽しみにしてます。頑張ってください!」というメールが続々と寄せらたんです。

その時、とても感激したことを今でもよく覚えています。これもやはり、お客さんに喜んでもらえていたからこそだと思います。

そして、いよいよ「情報起業成功の極意」が完成し、その連絡とホームページのアドレスを告知したところ、いきなり300万ほど売り上げることができました。ネットは特に『顧客リスト』の数と質がモノを言う。そう実感した瞬間でした。

STORY4:大きな転機 – 「コンテンツメーカー」から「マーケッター」へ!

ヤフオクで情報販売を始めて以降、サマーウインドを立ち上げて最初にリリースした「情報起業成功の極意」までは、ずっと自分の経験を情報にまとめて販売していました。

しかし、人様に売れるような自分の経験というのは、いつまでも湯水のように出てくるわけではありません。

「いよいよ、ネタ切れになってきたな……」そんな不安な日々を過ごしていたある時、転機が訪れました。

当時、参加していた異業種交流会で名刺交換をした税理士のAさんと競馬の話で盛り上がり、Aさんが馬券の買い方を教えてくれたんです。

それは、「投資競馬」というものでした。

簡単に言えば、馬を見ないでオッズで判断して買い目を機械的に決めていく手法です。

私自身、このとき競馬歴10年、正直言って半信半疑でしたがさっそく試してみると・・・確かに一定の割合で的中して、確実に利益が出るんです。

「これはすごい…」この方法なら、競馬をギャンブルではなく「投資」にできる。「この手法、情報コンテンツとして売れるんじゃないか?」他人の情報であっても、自分が売って利益を分け合えばいい。

自分の情報がネタ切れになってきた当時の私にとって、これはまさに、千載一遇のチャンス。

Aさんに、「この手法はすごいので、ぜひ販売したいのですが」と申し出たところ、快く承諾して下さいました。

そこから、私はマーケッターとして、市場のリサーチや商品コンセプトの設定などを綿密に行ないました。

『税理士』というブランド

税理士が副業で競馬というギャップ
予想するのではなく機械的に決める

これらをこの情報のコンセプトとして打ち出せば、売れないわけが無いと確信しました。

また、商品の形式自体にもこだわりました。それまでの情報コンテンツは電子書籍(eブック)で売るという形が主流だったのですが、私はあえて、冊子として印刷し、自分でファイリングして配送するという形を取りました。

しかも、印刷したものはワープロ原稿ではなく、Aさんの手書きの原稿そのものです。

この理由は、「確かに税理士さんのノウハウである」ということを証明するためです。

こうして誕生した『税理士の投資競馬ノウハウ』は、当時の情報コンテンツの価格帯の常識を打ち破る5万円という高価格だったにも関わらず、販売開始日の一日だけで、なんと3000万円も売れてしまったのです。

さらに、ASPのサイトのトップページで集計されている売上ランキングでは半年間、総合ランキングでずっと1位を取り続けました。

結局、販売開始から半年間の間に登録したASP経由で約1億円、ASP以外で売れた分も合わせると、半年間で2億円を売り上げていました。

このときから私は、情報コンテンツを持っている側である「コンテンツメーカー」と組んで、「ジョイントベンチャー(以下「JV」)という形態で売っていく販売のプロ=「マーケッター」に徹するほうが、長く、そして大きく稼いでいくには得策だと思うようになりました。

 

STORY5:『競馬の渡部』と呼ばれ、JVの依頼が殺到!マーケッターの地位を確立

「税理士の投資競馬ノウハウ」で圧倒的な売り上げを叩き出したことで、私のメールアドレスには競馬ノウハウを持っている人からの売り込みメールが届くようになりました。

しかし、それらのほとんどは目利きの結果、売る価値の無いものでした。

それでも、一つだけ「確かにすごいな」というノウハウがあり、私がマーケッターとして販売を担当することになりました。

その方が言うには、「税理士の投資競馬ノウハウ」をまねて5万円にして販売開始したのですが、数ヶ月経っても累計で10本程度しか売れていなかったということでした。

そこで、私が販売したところ、最初の一日で2200万ほど売り上げました。

その後、私の販売力を知った福岡県の進学塾の先生から「全国ほぼどこの大学でも100%合格できる方法があるのでそのノウハウを売ってほしい」という依頼のメールがあり、「確かにこれなら100%合格できる」と思えるものだったので販売しました。

こちらもASPに登録して一般販売を開始し、売上総合ランキング1位を獲得するなど、想定どおりの販売をすることができました。

いくらすごい情報を持っていても、それだけで勝手に売れていくわけではありません。やはり、その情報を売る力を持った人が関わって初めて売れていくものだと私はこのとき確信しました。

 

STORY6:コンテンツ販売からコンサルティング事業へ方向転換

ヤフオクでの情報コンテンツ販売から、自前ホームページでの販売へ切り替えたとき、投資競馬の情報コンテンツを手書きで作ったとき、価格を5万円にして価格破壊を起こしたときもそうでしたが、『みんながまだやっていないことをやる』ということを常に意識してきました。

情報コンテンツ販売の世界は、すでにライバルが増えすぎて、売るのが難しくなってきています。

サマーウインドでは、早い段階で情報コンテンツ販売に見切りをつけ、次々に新しい事業を展開していきました。

それが、スマホを活用した集客コンサルティング事業、通販ビジネスのプロデュース事業、海外輸入ビジネスのスクールなどです。

「インターネットを通じて収益を生む方法を教える」

という軸はぶらさず、時流に乗ってそのとき必要とされているものを、いち早く提供することに力を注いできた結果だと思っています。

「ネットビジネスの“先駆者”であり続ける」

これこそが、サマーウインドが ネットビジネスの第一線で、10年以上に渡って事業を展開し続けることができた、根底にある理念なのです。

 

STORY7:「インターネットを介した投資サービス」の先駆者に

「時流に乗り、その時必要とされているものをいち早く提供する」
そのためには、自らもプレーヤーとして、つねに現場の最前線で結果を出し続ける必要があります。その意味で、情報コンテンツの販売に見切りをつけた一方で、新たな“先駆者”となれる分野を開拓しました。

それは「FX(外国為替証拠金取引)」です。
今ではポピュラーになっているFXですが、当時はまだ黎明期で、弊社が参入する際の「半歩先」という基準をクリアしている分野でした。

さっそくリサーチしてみると、ネットで販売されていたFX関連の商品は主に「勝てる売買ルール」と「自動売買ソフト」の2つ。しかし、これらがレビューサイトでは軒並み低評価で、たとえ圧倒的な内容のものをリリースしても、すでに良くないイメージを持たれている中では低評価というレッテルは覆らないと思われました。

そこで、今までになかった全く新しいサービスの開発に着手。その結果誕生したのが、
「プロの投資家の実際の売買をリアルタイムに配信する」という、現在もなお続いている大好評の「情報提供サービス」です。

「いつ・何を・どれだけ・いくらで売買するか」が具体的にわかるので、お客様はただその通りに売買するだけで利益が出せる。こんな常識破りのサービスは熱烈に支持される確信がありましたが、これも単にリリースするだけでは根拠もないままに低評価にされてしまう可能性がありました。

そこで出したアイデアが、「無料1ヶ月お試しサービス」。
実際の配信を1ヶ月無料で試してその結果で評価していただこうというこのサービスは、今では多くの事業者が採り入れていますが、弊社がその先駆者です。その結果、月額5万円のこのサービスに、なんと600名以上もの方に会員となっていただき、そしてそれだけの会費も安く思えるほどFXで十分な利益を上げていただくことができました。

その後、FXでは取引通貨対象を変えたリアルタイム配信をリリース。他にも株や先物、オプション取引、金取引などの金融商品においてもリアルタイム配信サービスを展開していきました。こうして、弊社には新たに「インターネットを介した投資サービスの先駆者」という勲章が加わることになりました。

(現在、この事業は弊社グループの「株式会社プログレスマインド」が行なっています。同社は財務局の「投資助言・代理業登録業者」となり、かつ、自社でファンドを組むことができる「適格機関投資家等特例業務」の届出も受理されています。他のライバルはここまで真似することができないため、今まで手がけてきた分野のようにライバルが増えすぎるということにはなっておりません)

 

STORY8:出版、スタジオ事業にも進出

「先駆者であり続ける」という姿勢からすれば、出版やスタジオという、すでに以前から同業者が多数存在している事業への進出は、真逆のことをしているように見えるかもしれません。しかし、これらの事業に参入したのも「先駆者」となれる勝算があったからでした。

まず、出版事業では、ほとんどの出版社が「自社で出版した本を売ること」に終始している状態です。それが本業ですから当然なのですが、しかし、それまで2冊のビジネス書を出版してきた渡部にとっては物足らないものがありました。

“自分は出版した本をマーケティングのツールとして取り込んだことで、

・本が名刺代わりになって知名度が上がる
・そして収入が増える
・しかも「本を出している」ということで社会的信用が得られてブランドとなり、「先生」と呼ばれるなど、自分のステータスが「勝手に」上がる
・そしてさらなる素晴らしい情報がどんどん舞い込み、そこから新たな商品・サービスが次々生み出されてビジネスがどんどん伸びる

という劇的な変化を体験することができた。

それほどのポテンシャルが出版にはあるのだから、出版社は単に本を出すだけでなく、著者のプロデュースもすべきなのではないだろうか?“

そんな折、まるで引き寄せたかのように出版社立ち上げの話が舞い込み、かくして「得意のマーケティングを駆使して、単に本を出すだけでなく、出版をきっかけに著者のビジネスを大きく飛躍させる」という、過去に例を見ない出版事業をスタートさせることになりました。そして、「いつもは表に出てこないゴーストライターが自ら著者として出版。テレビ出演が増えてブランディングに成功、本業に加えて養成講座も大盛況で収入アップ」など、多数の成功事例を生み出しています。

(現在、出版事業は弊社グループの「株式会社 創幻舎(そうげんしゃ)」が行なっています。)

次に、スタジオ事業は「これからは動画コンテンツが全盛になる」という「半歩先」を読んでの参入でした。

事実、現在弊社グループで行なっているサービスのプロモーションの多くは動画で行なっています。それまでは会場を借り、お客様に足を運んでいただいて説明していましたが、自前のスタジオで収録・編集した動画で行なうようになったことで「自宅などにいながら、好きな時に、パソコンやスマホで」説明を見ていただけるようになり、サービスへの入会率も飛躍的にアップしました。

もちろん、自社での活用のみならず、スタジオレンタルも行なっております。動画コンテンツ時代の到来とともに、おかげさまでこちらの事業も好調です。

このようにして、弊社はネットビジネスだけではなくリアルの事業においても「先駆者」としての地位を築くようになりました。

(現在、スタジオ事業は弊社グループの「株式会社 Blues Films Tainment」が行なっています。)

 

STORY9:「インターネットを介したFintechプロジェクト」の先駆者に

新たな金融革命といえるFintech(フィンテック)。「インターネットを介した投資サービスの先駆者」である弊社は、Fintech黎明期であった2013年頃から着目していました。

FX黎明期以来の新たな黎明期の到来で大いなるビジネスチャンスがあったことに加え、

“これは金融革命だけではない。かつてインターネットが登場して産業革命が起こった時以来の「新たな産業革命」となる。”

という確信が持てたため、何万人といる弊社の投資サービスのお客様に喜んでいただける、画期的なFintechプロジェクトの開発を急ぎました。

Fintechとは「金融(Finance)」と「技術(Technology)」の融合を表す造語で、AIなどのIT技術を活用した新しい金融サービスのこと。
その中で最もポピュラーなものは、ビットコインをはじめとする暗号通貨です。

暗号通貨は「管理者を介在させず、国際間でも直接相対によって『安い手数料で24時間送金すること』が可能」、そして「預金やお金の取引に関する情報が安全な形で分散している」という、全く新しい銀行機能を実現するものです。ゆえに、従来の銀行や国による中央集権的なシステムのような「送金に高い手数料も時間もかかり、セキュリティリスクも高い機能」は過去に葬り去られようとしています。

それだけのポテンシャルを秘めた暗号通貨が、近い将来その価値を高め、投資の対象として脚光を浴びることは明らかでした。一方、その暗号通貨を取り扱うことができるのは発行元の本体や暗号通貨取引所ぐらいのもので、他にライバルはいないという状況。まして、インターネットで暗号通貨の情報コンテンツを出している人はほぼ皆無に等しい状態でした。

そんな中、弊社が関係各所に交渉してリリースしたFintechプロジェクト第1弾は、リップルラボ社の暗号通貨「リップルコイン(XRP)」の販売でした。

基軸通貨であるビットコインはすでに(海外では)暗号通貨取引所が先行して販売しており、ここに入り込むのは得策ではないと考え、第2、第3の暗号通貨を扱うことにしたのです。中でもXRPは「銀行と提携して国際送金を安価でスピーディーなものにする」という目的で開発されたため、今後、銀行が提携を進めていくことが見込まれていました。そうなれば、XRPの価値は大きく上がります。しかも、その当時は1XRP=0.65円と激安だったため、最大で数十倍もの値上がり益が見込める…。

このような目論見の下で、2014年、弊社はリップルラボ社の正規福代理店となり、XRPを販売。日本における代理店は数社ありましたが、インターネットを介して販売したのは弊社だけです。

すると、販売金額はなんと5億円を突破。そして、その5億円分のXRPは、少し時間がかかりましたが、2017年3月に三菱UFJ銀行がリップルのネットワークを利用して国際送金を行なうと表明したことでその価値が上がり、同年5月には、1XRP=50円を突破。実に約80倍になりました。最高では、2018年1月に記録した1XRP=390円超えで、なんと600倍を超えた計算になります。

しかし、それらは瞬間風速であり、平均すれば「約30倍ぐらい」となります。そのため、渡部には「5億円分を150円分にした男」という異名がつくことに。そして、この実績により、弊社の「先駆者」のコレクションに「インターネットを介したFintechプロジェクトの先駆者」が新たに加わることとなりました。

そして、その後も「マイニングプール」「個人でもマイニングが可能な最先端のマイニングマシン」「AIを搭載した自動売買ソフト」、またビットコインとFXが融合した「ビットコインFX」のリアルタイム配信など、Fintechプロジェクト内の各分野においても「先駆者」としていち早くサービスを提供し続けております。

(現在、Fintech事業は弊社グループの「株式会社 Block Labo」が行なっています。)

 

STORY10:海外進出を果たす。そして最先端の働き方を標榜・啓蒙

2017年、サマーウインドはマレーシアにも現地法人を置きました。
世界進出の第一歩として、まずはアジアの中の英語圏で、渡部の個人的に馴染みのある国を選んだのです。

では、なぜ世界進出なのか?その理由の一つは、日本の少子高齢化に対する強い懸念があったからです。

少子化は労働人口の減少を招くので、このままでは日本の経済成長は望めない。
その人口減を補うべく機械やAIの導入が進められているが、それは同時に「人の仕事がどんどん奪われていく」という問題を引き起こす。

また、政府における外国人労働者の受け入れや、自国の人口を増やすための取り組みも、すでに2〜30年前から行なっているアメリカやシンガポールに比べれば明らかに手遅れ。

一方、少ない若年層はたくさんの高齢者を支えなければならないために税金や社会保険料の負担が増やされ、その割に自分たちが高齢になったときには年金がもらえない。

さらに、少子高齢化とは関係ありませんが、日本は地震大国なので、いつ非常事態が起こるかわかりません。

このようなことが見えているのであれば、これから伸びていく国に向かうのは当然のことと言えます。

そしてもう一つの理由は、英語圏を相手にするだけでマーケットが大きく開けるからです。世界規模で見れば、日本語を話す人はわずか2%しかいません。世界の共通言語はやはり英語なので、その意味でも英語圏を目指すほうが、サマーウインドのビジネスを成長させるには理にかなっているわけです。

まして、ネットビジネスは、Wi-Fi環境とノートパソコンさえ揃っていれば、どこにいてもやることは同じです。業務を進めるチームとのやりとりは「チャットワーク」などのクラウドツールでできるし、大人数でのオンライン会議も可能。資料も紙である必要がなく、PDFなどのファイルで十分。文字通り、時間や場所を問いません。そのため、ネットビジネスで生計を立てている賢明な人たちは、すでに海外に会社を作ったり、永住権や長期滞在ビザを取得し、どんどん日本から離れています。そして、税金も安く、物価も安い国で悠々自適に暮らしているわけです。

つまり、サマーウインドが創業以来一貫して行ない続けているネットビジネスは、生産性が極めて高い上に、たった一人でも世界進出ができる「最先端の働き方」であるということです。

日本ではようやく「働き方改革」を標榜し始めていますが、その改革の中身は、ネットビジネスのような働き方と生産性には遠く及びません。サマーウインドは、ここでも「先駆者」として、働き方改革よりもさらに進んだ「自宅はもちろん、世界中どこにいても世界を相手にできる働き方」「通勤や出張、顧客への訪問、紙の会議資料などの、無駄な時間と経費をかけない働き方」を自ら実践することで「最先端の働き方」を標榜・啓蒙し続けています。

ネットビジネス未経験者に最もオススメ「輸入転売ビジネス」



転売ビジネスでは異例の“成功率75%”を叩き出す「カメラ転売ビジネス」



700万人が顧客に変わる!スマホコンサルティング事業



【毎月3名限定】通販ビジネスを始めたい方は必見!